FC2ブログ

韓国1位で日本2位、中国は…世界ネット通信速度ランキング - インターネット情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国1位で日本2位、中国は…世界ネット通信速度ランキング

韓国1位で日本2位、中国は…世界ネット通信速度ランキング
サーチナ 8月31日(土)15時28分配信


ドイツの調査会社はこのほど、2013第1四半期の世界インターネット通信速度ランキングを発表した。韓国は平均17.2Mbpsで世界1位となり、日本が11.7Mbpsで2位、香港が10.9Mbpsで3位となった。4位以下は、スイス、オランダ、ラトビア、チェコ、スウェーデン、米国、デンマークの順となった。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

 中国の平均通信速度は1.7Mbpsで、しかも前年同期より5.6%低下した。中国のこの数値は、17.2Mbpsの韓国、11.7Mbpsの日本と比べると、約10分の1の速度になる。中国の世界順位は98位で、世界の平均通信速度の3.1Mbpsを大きく下回った。

 中国のネット環境における問題は、複数存在する。まずは市場の独占問題だ。プロバイダーは3社しかないうえ、いずれも国営企業であり、住んでいる地域によっては選択肢がない場合さえある。

 かつて中国は光ファイバー、ネットインフラに巨額を投じたものの、現在は「放置状態」が続いており、通信資源が効率よく機能していない。通信費が高いためユーザーは利用を控え、プロバイダーは投資回収ができないために価格を下げられないという悪循環が生じている。

引用元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130831-00000014-scn-sci
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://interman48.blog.fc2.com/tb.php/365-d7a766da

落としやすい脂肪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。