脆弱な無線LANルーター使っている会員はいないか? OCN以外のISPも遠隔調査 - インターネット情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脆弱な無線LANルーター使っている会員はいないか? OCN以外のISPも遠隔調査

脆弱な無線LANルーター使っている会員はいないか? OCN以外のISPも遠隔調査
Impress Watch 8月30日(金)13時0分配信


一般財団法人日本データ通信協会のテレコム・アイザック推進会議(Telecom-ISAC Japan)は30日、ロジテック製ルーター脆弱性を狙った攻撃が発生していることを受け、協力要請のあったISPに対して該当製品の利用者を確認するための調査を実施すると発表した。

 この問題は、2009年発売のロジテック製ルーター「LAN-W300N/R」「LAN-W300N/RS」「LAN-W300N/RU2」3製品の脆弱性を悪用した攻撃により、外部から認証IDを窃取されたとみられる被害が発生しているもの。

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)のインターネット接続サービス「OCN」では、この攻撃によるものとみられる被害により、2000件以上のOCN認証IDに対して不正ログイン試行があり、そのうち756件で不正ログインに成功され、パスワードを変更されるという被害が発生。被害を受けた会員への調査では、上記3製品の利用者という点がほぼ共通していたという。

 NTT Comでは、ルーターの修正版ファームウェアにアップデートすることを呼びかけるとともに、Telecom-ISACと協力して該当製品の所在を確認するための調査を開始。調査では、インターネット側から簡易な通信コマンドをブロードバンドルーターに送信し、その応答から脆弱性の有無を確認する。

 Telecom-ISACではさらに、他のISPに対しても協力要請があった場合には同様の調査を実施することを発表。調査はネットワーク利用者に負荷をかけるものや通信の内容を見るようなものではなく、調査結果は当該ISPにのみ提供し、各社の判断によって該当製品利用者への通知と脆弱性への対策依頼がなされるという。調査は8月30日から順次行うことを予定している。

引用元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130830-00000032-impress-sci
関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://interman48.blog.fc2.com/tb.php/364-b062995e

落としやすい脂肪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。