本をバラさず読み取れるA3対応ドキュメントスキャナの実用性は? - インターネット情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本をバラさず読み取れるA3対応ドキュメントスキャナの実用性は?

本をバラさず読み取れるA3対応ドキュメントスキャナの実用性は?
- PFU「ScanSnap SV600」を試す
マイナビニュース 8月12日(月)17時5分配信



●これまでになかったタイプのドキュメントスキャナ
PFUの「ScanSnap SV600」は、原稿を上方から非接触ラインスキャンしてデジタル化するドキュメントスキャナだ。書籍を裁断しなくても読み取れるほか、A3対応、カメラ式ではない…といった特徴を持つ。さっそく見ていきたい。

○非破壊式スキャナが登場

ドキュメントスキャナとタブレットによって、「紙のデジタル化」や「オフィスのペーパーレス化」が加速した。順序としては、タブレットが登場したことで、それまでも存在していたドキュメントスキャナに火が付いたともいえるだろう。

ADFを搭載したドキュメントスキャナは、高速なもので1分あたりだいたい25枚(両面で50面)という読み取り速度を実現し、ものの数分で本1冊をまるごとデジタル化してしまう。またタブレットの普及は、自分で本をスキャニングして、PDFなどに変換する「自炊」という行為を定着させた。

しかし手軽なようで、自炊はハードルが高い。大きな裁断機を置く場所を確保しなければならないし、本を切るという行為に精神的な抵抗を感じる人もいる。そこへ登場したのが、本を裁断せずにスキャンできる「ScanSnap SV600」(以下、SV600)だ。

引用元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130812-00000088-mycomj-sci

本をバラさず読み取れるA3対応ドキュメントスキャナの実用性は? - PFU「ScanSnap SV600」を試す

写真: マイナビニュース

関連記事
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://interman48.blog.fc2.com/tb.php/346-bbb37546

落としやすい脂肪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。