インターネット情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<SIMロック>解除を義務化へ

SIMロック解除義務化へ 15年度にも実施 総務省
毎日新聞 6月28日(土)10時46分配信


解除に応じない携帯会社には業務改善命令の対象に

 総務省は、携帯電話会社が販売した端末を
他社で使えないようにする機能「SIMロック」の解除義務化させる方針を固めた。

2015年度にも実施する。

携帯電話の利用者が別の携帯会社へ乗り換えやすくなり、
利用者の利便性向上や競争加速につながる。

30日に開く有識者会議の中間取りまとめに盛り込み、年度内に具体策を詰める。

【SIMと端末セット販売】格安スマホ参入拡大 通信速度は?

 スマートフォン(多機能携帯電話)などを使うには、
利用者の情報を書き込んだICカード「SIMカード」を入れる必要がある。

欧米や韓国では、カードを入れ替えればどの端末でも使えるのが大半だ。

しかし日本の大手は、他社の端末にSIMカードを入れても使えないよう、
SIMロックを掛けているケースが多い。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140628-00000018-mai-bus_all

<SIMロック>解除を義務化へ 15年度にも実施 総務省
携帯電話のSIMカード(一部画像を処理しています。写真はイメージです)

スポンサーサイト

LINE、ビジネスアカウント「LINE@」新プランを提供開始

LINEビジネスアカウントLINE@」新プランを提供開始 - 事前登録は7000件

マイナビニュース 5月19日(月)12時15分配信

LINEは5月16日、無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」上で展開するビジネスアカウントLINE@」において、新料金プランおよび新機能の提供開始を発表した。

【もっとほかの写真をみる】

LINE@は、実店舗から利用者に直接クーポンを配信するなどの販売促進をサポートするO2Oサービス。2012年12月にサービスを開始し、現在は実店舗のアカウント開設数が3万件以上、来店時にユーザーのクーポン利用率が約40%にのぼるなど大きく成長している。

新料金プランは複数あり、月額5000円(税別)でLINE内での検索上位表示や自由にメッセージの配信できる「プロモーションプラン」、機能が制限した無料版「スタンダードプラン」などを用意する。

また、店舗向けの新機能として、LINEやWeb上にメニュー・クーポン・写真などの店舗情報を掲載できる「LINE お店ページ」や、LINEのトーク機能を通じてユーザーから問い合わせを受け付ける「LINE お店トーク」などを追加。ユーザーは、お店ページを閲覧して店舗情報を確認したりLINE お店トークで店舗への問い合わせや予約ができる。

なお、LINE@では新料金プランの提供に先立ち、4月24日より公式サイト上で事前登録の受付を開始したが、約3週間で既存アカウントの約4分の1にあたる7000件以上のアカウント開設希望の申し込みがあったという。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140519-00000069-mycomj-sci

ソーシャルメディアの「うそ発見器」、欧州5大学が共同開発中

ソーシャルメディアの「うそ発見器」、欧州5大学が共同開発中
AFP=時事 2月20日(木)15時28分配信


ソーシャルメディアで拡散するうわさ話の正確性を確認し、誤った情報の拡散を防止するのに役立つシステムを、欧州の研究者らが開発している。研究チームが18日、述べた。

「サンディ」襲来、ツイッターで「うそ」拡散した有名ユーザーに非難の嵐

「PHEME」と呼ばれる3年計画のプロジェクトは、欧州連合(EU)が資金援助し、英シェフィールド大学(University of Sheffield)が旗振り役となって欧州の5大学が共同で進めている。目指しているのは、うわさの出どころが信頼できる情報源かどうかとその情報が事実であるかどうかを自動で確認することのできるシステムだ。

 システムはうわさを「憶測」、「言い合い」、「誤情報」、「偽情報」の4種に分類し、これらの情報がソーシャルネットワークでいかに拡散するかをモデル化する。情報の正確性を判定するために用いられるのは、「情報それ自体(語類、構文、語義)」、「信頼できる情報源との相互参照」、「情報の拡散度合い」の3要素だ。結果は、ユーザーの画面上に表示させることができるという。

 研究チームを率いるシェフィールド大学のカリナ・ボンチェバ(Kalina Bontcheva)氏は「われわれはすでに、ソーシャルネットワークの情報量の多さや、情報の出現の速さ、ツイートや動画、画像、ブログ記事といった情報形式の多様さなど、関連する多くの課題に対処できるようになっている」と述べた。

「だが、われわれが今目指している、リアルタイムで情報の真偽を自動判定することは、現在はまだ難しい」と、ボンチェバ氏は語った。

引用元:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140220-00000060-jij_afp-int

ソーシャルメディアの「うそ発見器」、欧州5大学が共同開発中

英ロンドンでコンピューター画面に映し出されたツイッターのロゴ(2013年9月11日撮影、資料写真)。


落としやすい脂肪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。